×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カロリーゼロの炭酸飲料は? 

;スポンサードリンク

 


→Home    →なぜ現代人の食事は多すぎるのか    →カロリーゼロの炭酸飲料  

  →
どうすれば食事を減らせるか    →周りの状況が食事量に影響

スポンサードリンク

 


 

カロリーゼロの飲料は、本当に太らないのか?

                 

 
本当にカロリーゼロなのか?

飲料100mlに0.5g未満の糖分なら、「シュガーレス」と表示できるという法律があります。2.5g未満なら「糖分ひかえめ」などと表示できます。

飲料100mlにつき熱量が5kcal未満なら、「カロリーゼロ」と表示できます。

「砂糖不使用」に至ってはさらに要注意で、これは単純に「砂糖」を使っていないだけで、糖分を使っていてもこの表示ができます。

つまり、「カロリーゼロ」「シュガーレス」「砂糖不使用」「糖分ひかえめ」等と書いてあっても、文字通りゼロなわけでは決してなく、水のように飲んでいいわけではないということです。



なぜ甘いのか?

例えばアスパルテームと呼ばれる、アミノ酸から作られる人工甘味料があります。甘味は砂糖の200倍だと言われています。人口甘味料は、甘味を感じさせているのは糖ではないので、シュガーレス、カロリーゼロと表示できる量でもかなりの甘さになります。


健康にはいいのか?

人口甘味料は摂取しすぎると下痢等の症状を起こすとも言われています。

マウスに人口甘味料を与えつづけることで、致死率が高くなるという実験もあるといいます。

又、アメリカのボズトン大学で、6000人以上の人に対して、4年以上ソフトドリンクの健康への影響を研究した結果1日1缶以上の炭酸飲料を飲む人は、、カロリーゼロか否かにかかわらず、メタボリックシンドローム(高血圧や肥満など)のリスクが44%も高くなるといいます。ただしこれについては、反対意見も出ているので、研究の結果が信用できるものかどうかは不明だそうです。

人口甘味料は、有害なので避けた方が良いとも言われていますが、これについても有害であるという確かな証拠は現在の所わかっていないようです。ただ、本来の砂糖たっぷりの炭酸飲料に比べて、糖分が少ないだけで、添加物の量はむしろ増えているため、極力添加物は取らない方が無難でしょう。

カロリー消費については、「痩せる方法-絶対です
」や、「お金をかけない簡単ダイエット方法」、動画で痩せる方法を説明している「痩せる方法の動画」等をご覧下さい。
 

参考文献:オーガニックヘルシーレストラン、ライブドアニュース